共働き家庭学習で東京都内の国立小学校受験ブログ

両親共働きで家庭学習による保育園児の子供2人の東京都内の国立大学附属小学校受験の記録です。計5校の最終抽選を経験するという貴重な体験を踏まえ、家庭での勉強方法や役に立ったもの、国立小学校の特徴などを今後受験を検討される方のために書いていきたいと思っています。

家庭学習組の模試の活用方法④ 模試の試験結果(統一模試)

今回は、家庭学習組の模試の活用方法の、「実際に我が家が受けた模試の結果」がどうだったのか、についての続きで、今回は「統一模試」について書いていきたいと思います。(模試の活用方法に関する記事の①はこちら ②はこちら③こぐま会の模試結果はこちら

 

模擬試験

 

繰り返しとなりますが、模試自体はペースメーカーのようなもので、特に家庭学習組にとっては、自宅でしている勉強の方向性が合っているのか、塾通いしている子供と比較してどこが弱いのか、などを把握することが重要で、結果自体に一喜一憂する必要はありません。

 

以下の模試結果はあくまで我が家の一例ですので、我が家の家庭学習の方法(例えば勉強を始める時期に関する記事はこちら)なども見て頂き、皆様の家庭で学習する際の参考にして頂ければと思います。

 

今回記載していくものは、教育図書21が開催する模試である、「統一模試」について書いていきます。こちらは年間の受験者数が1万人以上と非常に多いことで有名で、個人塾などの子供が全国で受験する模試です。私立小学校から問題が提供されたりと本格的なペーパー問題が特徴的です。

我が家で国立小学校志望なので、全部の私立レベルのペーパーに対応できるとは思っていませんでしたが、国立小学校のためのペーパー対策のみですと非常に狭い範囲になってしまうため、視野を広げるためにも受験していました。

 

結果通知にはかなり細かい分野別かつ男女別の成績、順位が記載されており、成績はA~Gで示されます。なお、Aは上位5%以内、Bだと上位5~15%、Cだと上位15~35%、Dで上位35~65%、Eで上位65~85%(=下位15~35%)、Fで上位85~95%(=下位5~15%)、Gで95~100%(=下位5%)のようです。

さらには自身で記入した志望校それぞれの合格判定レベルがA~Dで示されています。

 

我が家ではこの統一模試について、上の子が2回、下の子が3回受験していました。 

まずは上の子について書いていきます。上の子は年中の1月頃(本番の試験の10か月前ぐらい)から学習を始めていました。

第4回:年長8月(最初の頃は統一模試の存在を知らず、初めて受けたのが第4回でした)

⇒受験者数1,600~1,700名程度のうち、550~600番程度

⇒成績ランクD(A~Gの内)

第5回:年長9月

⇒受験者数1,200~1,300名程度のうち、50~60番程度

⇒成績ランクA(A~Gの内)

 

これを見ると、前回のこぐま会の国立模試と同様の傾向ですが、夏ごろまでは成績が合格レベルには達しておらず、ようやく9月で上がってきた、ということかと思います。

 

次に下の子も見ていきます。下の子は年中の11月頃(本番の試験の1年前ぐらい)から勉強を始めていました。

第3回:年長7月

⇒受験者数1,500~1,600名程度のうち、300~400番程度

⇒成績ランクC(A~Gの内)

第4回:年長8月

⇒受験者数1,400~1,500名程度のうち、300~400番程度

⇒成績ランクC(A~Gの内)

第5回:年長9月

⇒受験者数800~900名程度のうち、200~250番程度

⇒成績ランクC(A~Gの内)

 

下の子については早くから受験勉強を始めていましたが、統一模試については上位20~30%程度でずっと変わらずといった状況でした。

こぐま会の国立小学校模試では常にかなり上位の成績だったため、苦手な分野が見えづらかったのですが、この統一模試の結果では詳細を見ていくと、特定分野でかなり得点を落としていたりと、まさにこの統一模試で苦手な分野が見つけられました。

 

上の子と下の子でややバラつきもありますが、統一模試は私立志望者が受ける全国規模の模試ですので、我が家の結果からも塾通いや特殊な勉強をせずとも、家庭学習でしっかりと学習を進めれば私立向けレベルの模試でも上位5~10%ぐらいの成績もとれる、ということかと思います。

 

 家庭学習のみですと、中々勉強のペースが掴みづらいところと、目標を見失ってしまいがちなので、本番の試験慣れする意味でも模試を受けていくことは意義があるかと思います。何にもまして重要なのは模試の結果を詳細に分析して苦手な分野を洗い出して、その分野を重点的に勉強していくことです。

 

 

【関連記事】

もしよろしければ以下の関連記事もご覧頂ければと思います。

家庭学習組の模試の活用方法①こぐま会

家庭学習組の模試の活用方法②伸芽会、統一模試

家庭学習組の模試の活用方法③模試の試験結果(こぐま会)

こぐま会ひとりでとっくん 個別冊子編③ 左右、鏡映像、シーソー、回転推理、選択抹消

今回のこぐま会ひとりでとっくんの個別冊子編は、最終回として、我が家が購入した残りの個別冊子残りのものをご紹介していきます。(前回の図形編のひとりでとっくんの記事はこちら

 

まずは左右、鏡映像関連の個別冊子となります。

この分野は得手不得手があるところかと思いますが、我が子はある時期まではかなり苦手としていまして、あまり国立小学校受験においては複雑な問題は出ないとは思われますが、流石にこのあたりのところは生活上の知恵としても理解しておいてほしい、と思い、個別冊子を購入しました。

 

・30 みぎ・ひだり

・44 地図上の移動

・81 鏡映像

 

30番の「みぎ・ひだり」は、左右の理解に関する典型的な問題で、手足や靴などが左なのか、右なのか、ということを学んでいきます。やはり王道としては自分の手足の右左を理解し、その上で他人の立場にたって、左右を理解する、という順序かと思います。

 

44番の「地図上の移動」は、左右の発展形で、地図上の交差点で左右どのように曲がるか、ということを学んでいきますが、やはりここでは自分がその交差点に立っていたら、という形で客観的に物事を捉えられるか、が重要となってきます。

 

81番の「鏡映像」は、生活の中でものの形が鏡や水面にどう映るか、ということを判断するもので、原理は線対称となります。これも最初の内は実際に鏡を使って自分の右手がどう映るか、などを体験させて、自身の経験から理解させることが大事かと思います。

 

残りの3冊はやや分野がバラバラなので(単にそれらが我が子の苦手分野だった、というだけなのですが。。)、一つ一つ書いていきます。

 

・6 選択抹消

こちらは苦手分野だったわけではないのですが、特に筑波大学附属小学校などの対策として、スピードトレーニングの問題の数をこなしたかったため、購入しました。基本的にこの手の問題の場合は、漏れなくスピードをもってこなすために、上から下、左から右、といったルールを決めて、一つ一つ素早く確認するように何度もトレーニングするしかないかと思います。

スピードトレーニング系は単なる○×と違い、毎回タイムを計っていくと成長していく軌跡が分かりますので、モチベーションは上がります。

 

・12 シーソー

シーソーは小学校受験の典型的な問題で、2つのシーソーから3つのものの重さの関係を推理する3者関係の推理が定番となります。これが4者、5者となっていくと難易度は増していきますが、我が子が苦手としていたのは、同じものが複数乗っているシーソーで重さを判断するものでした。(例えば人参2つで、かぼちゃ1つと釣り合う、など)

 

・42 回転推理

回転推理は観覧車やルーレットに代表されるような推理系の問題です。あるものが1つ動くと全部動く、という点を理解する必要があります。頭だけでいきなり理解していくことは難しいため、まずは具体物で考え方を理解していく方が良いかと思います。

 

これで我が家の全てのこぐま会のひとりでとっくんの個別冊子となりますが、合計で17冊持っていることになるようです。100冊の内必要なものを購入しましたので、この程度かなと思います。

 

【関連記事】

こぐま会ひとりでとっくん 個別冊子編①常識

こぐま会ひとりでとっくん 個別冊子編②図形

小学校受験勉強においてなぜ具体物が重要か

 

ひとりでとっくん30 みぎ・ひだり

ひとりでとっくん30 みぎ・ひだり

 

 

ひとりでとっくん44 地図上の移動

ひとりでとっくん44 地図上の移動

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん81 鏡映像

ひとりでとっくん81 鏡映像

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん06 選択抹消

ひとりでとっくん06 選択抹消

 

 

ひとりでとっくん12 シーソー

ひとりでとっくん12 シーソー

 

 

ひとりでとっくん42 回転推理

ひとりでとっくん42 回転推理

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

筑波大学附属小学校について

これまでの記事では、国立小学校について纏めて記事を書いてきましたが、一校一校についても書いていきたいと思います。初回は筑波大学附属小学校について書いていきたいと思います。

筑波大学附属小学校

 

筑波大学附属小学校は、日本で最初にできた小学校ということで、東京師範学校の附属小学校として1873年に設立された歴史のある学校です。日本でも最も受験者数の多い小学校と言われており、年間4,000名以上の志願者がいる学校です。

 

まずは基礎的な情報を記載していきます。

・住所:東京都文京区大塚3-29-1

最寄りは茗荷谷駅です。駅からは徒歩5~10分ぐらいかと思います。

お茶の水女子大学附属小学校東京学芸大学附属竹早小学校とともに、茗荷谷に所在する国立小学校3校のうちの1校です。

・募集人数:合計128名(男子64名、女子64名)

4クラス編成なので1クラス32名ということになります。クラスの呼び方が独特で、通常であれば例えば、2年3組、と呼ぶところを、3部2年、と呼んでいるようです。

・受験資格:東京都23区内、西東京市、埼玉県和光市在住

学芸大大泉のような転居を前提とした受験は認められていません。

・選考プロセス:1次抽選⇒2次試験(子供の試験)⇒3次抽選

応募から最終合格までの倍率は約30倍とかなりの倍率となります。(各試験それぞれの通過率についてはこちらの記事をご覧ください

・進学:筑波大学附属中学校筑波大学附属高校(大学への進学制度はなし)

中学校、高校と筑波大学の附属校がありますが、内部での進学率はそれぞれ約80%と言われています。

・試験内容:ペーパーテスト、制作、運動、行動観察、保護者へのアンケート

ペーパーテストは最近ではお話の記憶と図形系の問題の組み合わせのケースが多いです。運動はクマ歩きが有名です。

また、保護者へのアンケートは子供の2次試験の間に実施されます。アンケート実施後は会社紹介のDVDが放映されます。(保護者向けアンケート対策に関する記事はこちらをご覧ください

 

筑波大学附属小学校は行事が盛んなことでも有名で、その中でも大きなイベントが運動会で、教師児童ともに力を入れて本格的な競争が行われ、二重跳びをし続けて最後まで誰が残るかを競う種目なども有名です。また、若桐祭と呼ばれる文化祭も非常に力が入ったもので、保護者が中心に準備をするイベントで、こちらも本格的な出し物などが催されます。

それ以外にも清里高原にある寮への合宿や、スキー合宿、6年次の富浦での遠泳など、かなり行事には力を入れている学校と言えます。

 

【関連記事】

以下の関連記事もよければ併せてご覧ください。

国立小学校受験の概要・特徴①(教育方針、通学地域、全体スケジュール)

国立小学校受験における重要な試験分野は何か?

国立小学校の志望校理解のために必要な書籍「こぐま会教室指導者からのメッセージ」

家族で楽しみながら小学校受験に役立つボードゲーム編④ ヒューゴ(オバケと鬼ごっこ)

今回の家族で楽しみながら学べるボードゲーム編は、「ヒューゴ(オバケと鬼ごっこ)」というボードゲームを紹介していきます。(前回の「街コロ」に関する記事はこちら

 

「ヒューゴ(オバケと鬼ごっこ)」というゲームは、ドイツ生まれのゲームで、サイコロを使って遊ぶゲームです。

7歳以上とありますが、こちらも単純にサイコロを振って遊ぶゲームなので、4歳でも5歳でも遊べるかと思います。人数は2~8人と大人数でも遊ぶことができて、一回あたりの遊ぶ時間は20~30分程度かなと思います。

 

具体的なルールとしてはボード上にプレイヤー自身のコマを置いて、そのコマが追いかけてくるオバケに捕まらないように逃げる、といったシンプルなゲームです。

ただし、少し細かい話をすると、プレイヤーのコマを安全な部屋に逃げ込ませればオバケに捕まらない、ただし部屋には一人しか入れない、というルールを十分理解して、どの自分のコマを優先的に逃がすか、などの戦略的な判断も必要となってきます。

 

最終的には捕まったコマの順番にマイナスポイント(-10から始まってー9、-8、、、という形)がついていき、合計点数のマイナスが少ない人が勝ちとなります。つまり序盤にオバケに捕まるとマイナスが大きいので、そのあたりを工夫する必要があります。

 

細かいルールを書いてきましたが、このゲームは視覚的にもルール的にも非常に分かりやすく、オバケに追いかけられる、ということでキャーキャー盛り上がりながら遊べるゲームです。

我が家では親戚も集まった時などに大人数で遊んだりしていましたので、もし関心があれば是非遊んでみてください。

 

【関連記事】

小学校受験に役に立つものシリーズ⑤ ボードゲーム

家族にオススメのボードゲーム①ハゲタカのえじき

家族にオススメのボードゲーム②おばけキャッチ

 

ヒューゴオバケと鬼ごっこ (Hugo) ボードゲーム
 

 

小学校受験に役に立つものシリーズ 息抜き編⑦ルービックキューブ

本日は小学校受験に役に立つものシリーズの息抜き編でルービックキューブについて書いていきたいと思います。

 

ルービックキューブ

 

ご承知の通りルービックキューブは3X3のマス目が6面あるキューブを回転させていき、色を揃えるおもちゃです。

ルービックキューブ空間認識能力や、先を見通す力、そして手先で操作することから、手先の器用さなど、色々な面で知育に役に立つおもちゃです。

 

ただ、子供には難しいのではと勝手な先入観を持っていたのですが、子供が関心を持ったため、購入したのがきっかけです。その時に色々調べたのですが、実は最近は3X3だけでなく、かなりバリエーションが豊かで、気軽に取り組めるものが沢山あることを知りまして、我が家では徐々にレベルを上げていきました。

 

最初に我が家でトライしたものが以下です。

【ルービックフラット 3X1】

 これは見ての通り、表面1列しかないもので、動かせる場所にも限界があるので、導入編としては非常に取り組みやすいものです。これはどんなに難しくばらしてもすぐに出来るようになりました。

ルービックフラット 3×1 【公式ライセンス商品】
 

 

 

次に我が家で購入したものが以下です。

 【ピラミンクス】

三角形の立体パズルです。見た目は次に紹介するものの方が簡単そうに見えるのですが、子供曰くこちらの方が動かせる箇所が多く簡単とのことです。

 

 

ルービックキューブ2X2】

見ての通り2面×2面のルービックキューブです。簡単かと思ったのですが、実はこれも慣れるまでは意外に難しいとのことで、全面そろえられるまでには時間が掛かっていました。出来るようになったのは小学生になってからだったと思います。

メガハウス ルービックキューブ2X2 Ver.2.1 【公式ライセンス商品】

メガハウス ルービックキューブ2X2 Ver.2.1 【公式ライセンス商品】

  • 発売日: 2018/06/29
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

ルービックキューブ3X3】

最後がようやく本物のルービックキューブです。これはやはり難しいようで2面ぐらいまでは揃えられるようですが、まだ全面揃えることは難しいようです。(親もできません。。)

 

もしご関心がある方は、最初は簡単なものからチャレンジしていってみると良いのではないかと思いますので、是非見てみてください。

 

 

【関連記事】

もしよろしければ関連する以下の記事も併せてご覧ください。

小学校受験においてなぜ具体物が重要か

自宅で出来る巧緻性(工作)の家庭学習方法

自宅でできる巧緻性(工作)の家庭学習方法 英語編

子供にまつわるお金シリーズ① 児童手当

今回は新しいシリーズとして、子供にまつわるお金、というテーマで記事を書いていきたいと思います。初回は「児童手当」になります。

 

お札

 

今までこの手のテーマは書いてこなかったのですが、一応その道の専門家でもあり、子育てにとってお金は避けて通れないテーマでもあり、また特に今回テーマにしている「児童手当」が昨今ニュースでも盛り上がっていることもあり、書いていくことにしました。

 

【児童手当について】

まず、今回テーマにしている「児童手当」は何か、というところから始めますが、これは中学校卒業までの児童を養育している方に支給される手当で、以下の金額が支給されます。実際の支給は年に3回に分けて支給されます。支給は市区町村からされますので、出産した時から漏れなく申請しておく必要があります。また毎年就業状況などを確認する連絡がきますので、それも忘れず対応する必要があります。

  • 3歳未満:月額15,000円
  • 3歳以上小学校修了前:10,000円(第3子以降は15,000円)
  • 中学生:月額10,000円
  • ※ただし、所得制限限度額以上の場合は月額5,000円(特例給付)

 

例えば、2歳の子供、5歳の子供、8歳の子供、の3人の子供がいる家庭の場合は、月額35,000円(15,000+10,000+10,000)もらえることになり、年額で42万円貰えることなります。

最終的に受け取れる総額としては、第1子、第2子は約200万円、 第3子は約260万円受け取れることになります。総額で考えるととても大きな金額ですね。

 

※の所得制限限度額は扶養親族の数によっても違いますが、例えば児童が2人で専業主婦の家庭の場合には、約960万円(給与所得控除後の目安が736万円)となります。

 

【児童手当導入の経緯】

現在存在している児童手当は元々は民主党政権下で2010年に所得制限なく導入された「子ども手当」が、2012年に「児童手当」の名称に変更されたものです。

この財源として、控除から手当にという名目のもと、所得税の年少扶養控除(38万円の所得控除)等を廃止して、本制度が導入されました。(これも問題の一つなのですが、子供に関連する年少者扶養控除については別途記事を書きたいと思います)

 

導入当初は次代の社会を担うこども1人1人の育ちを社会全体で応援する、子育ての経済的負担を軽減し、安心して出産し、子どもが育てられる社会をつくる、という政策目的に基づいて導入されたものです。

以下当時の政府のQ&Aに記載された子ども手当に所得制限を設けないことに対する説明です。この時点では所得制限を設けない方針でした。

子ども手当は、時代の社会を担う子ども一人ひとりの育ちを社会全体で応援するという理念のもと実施するものであり、家計の収入の如何にかかわらず確実に支給されるよう所得制限を設けないこととしています。

なお、諸外国の制度においても所得制限は設けないことが一般的です。

 

この時点で満額支給されれば年少控除扶養控除の廃止による節税効果減少と比べて、得するケースが多かったのですが、その後所得制限上述の960万円(子供二人、専業主婦のケース)が導入され、特例給付として一律5,000円となった方は明らかに節税分を下回り大幅に損となりました。

 

【2021年最新ニュース:児童手当に更なる所得制限】

2021年2月2日の閣議決定で、月額5,000円の特例給付についても年収1,200万円以上の場合は廃止される方向となりました。

この財源を待機児童の対策に充てるとのことです。これが意味するところは実質的に高所得な子育て家庭のお金を使って待機児童対策をする、ということです。社会全体で子育てをする、という話はどこにいってしまったのでしょうか。

 

高額所得者にとって月額5,000円程度なので大した金額ではない、といった意見もあるようですが、月額5,000円とはいえ、年間では6万円、子供が2人いれば12万円、3人いれば18万円です。1年間で見れば大した金額ではないかもしれませんが、15年間の総額で見ると、2人の場合は180万円、3人の場合は270万円です。総額で見ると少なくない金額だと思います。

 

また、手取りという観点では、高額所得者の場合は住民税と合わせて50%程度納税している場合もあり(所得税率は年間1,800万円以上で40%となり、住民税10%と合わせて50%になります。なお、所得が4,000万円以上で所得税率は45%で住民税と合わせて合計55%です)、年間で追加で18万円を手取りで稼ごうとしたら、その倍の年収としては36万円増やす必要があるということになります。そんなに小さい金額ではありません。

 

さて、年収1,200万円以上の方にとって、児童手当が廃止された場合、元々の2010年以前の年少扶養控除があった時代(繰り返しですが、年少扶養控除の代わりに児童手当導入という話でした)と比較するとどうなるか、というと以下のような計算例になります。

 

前提

・所得1,200万円

・年少扶養控除の対象2人

・税率が合計43%(所得税33%+住民税10%)

 計算

(今後の児童手当) 0円

(仮に年少扶養控除があった場合)38万×2×43%=約33万円

 

つまり年少扶養控除があった時代と比べて、単純計算で年間で約33万円手取りが減っていることになります。(更に言うと、この10年程度の間で、給与所得控除の上限が減ってきており、更に所得税最高税率も引き上げられているため、特に高額所得者にとっては、相当税金負担が重くなってきています)

 

個人的には子育て家庭に高所得も低所得もなく(勿論最低限の生活保障はすべきですが、それは児童手当とは別かと思います)、日本の将来を担う子供を社会全体で育てていく、というコンセプトからは平等に支援すべきだと思っておりますが、今後も更に児童手当について年収制限の引き下げ(今回は1,200万円)や夫婦合算での計算の導入(今回は世帯主の年収)などの可能性があるとのことで、注意してみていく必要があるかと思っています。

 

【関連記事】

もしよろしければ関連する以下のお金関連の記事も併せてご覧ください。

国立小学校の学費は本当に安い?

国立小学校受験に掛かった費用は○○円

 

受験に役に立つ読書習慣 「小学生新聞」

今回は子供向けの新聞のうちの一つである、「小学生新聞」について書いていきたいと思います。

 

新聞を読む親子

 

子供向けの新聞とは、文章や漢字が子供向けで、フリガナがふってあり、内容自体が子供が関心を持つようなイラストや写真などを使っていることが特徴です。新聞を読んでいた子の成績が良いとか、難関中学校受験の合格者の多くが新聞を読んでいた、ということで関心を持っている方も多いかもしれません。

 

全国紙としては、朝日小学生新聞」、「読売KODOMO新聞」、「毎日小学生新聞の3つがあるようです。

「知る楽しさ」は最高のプレゼント! | 毎日小学生新聞 (mainichi.co.jp)

【公式】読売KODOMO新聞 | 読売新聞ご購読案内 (yomiuri.co.jp)

朝日小学生新聞 | 朝日中高生新聞 (asagaku.com)

 

いずれもお試しで見てみましたが、まず読売KODOMO新聞」は週1回に対して、残りの二紙は毎日刊行である点に違いがあります。

また、朝日小学生新聞」は通常の新聞サイズで、「毎日小学生新聞」は子供サイズになっています。内容も「朝日小学生新聞」の方が上の年齢向けで中学校受験を意識している新聞と感じました。

 

我が家は未就学児の時から購読し始めたので、結果的には「毎日小学生新聞」を選びましたが、毎朝子供たちは競うように楽しんで読んでいるので、良かったと思っています。特に我が家の場合はテレビがないので、子供たちが日常的な時事ニュースなどを手に入れる手段として、大変役に立っています。

 

毎日小学生新聞ですが、内容は多岐に亘りますが、事的なニュースに始まり、謎解きのコーナーやサイエンス的なコーナー、世界史、本の紹介、虫や動物の紹介、論語や哲学的な話、英語表現コーナーなど多岐にわたります。

 

読書習慣がないと中々取り組みづらいかもしれませんが、まずは子供が関心を持つコーナーだけ読むということでも良いと思います。我が家も下の子は最初の頃はマンガがついているコーナーを中心に読んでいましたが、読書習慣がついてくる中で徐々にニュース的な記事もちゃんと読むようになりました。親もびっくりするぐらい直近の時事に詳しかったりして、新聞のおかげかと思います。

 

新聞を読むだけで頭が良くなるとかいった短絡的な話はないと思いますが、世界で起きていること、その背景を知っていくことは視野を広げることになると思いますので、是非毎日の習慣として新聞購読も検討されると良いかと思います。

 

 【関連記事】

もしよろしければ以下の関連記事もご覧ください。

小学校受験に役に立つものシリーズ④ 読書

お話の記憶の練習方法

子供向けの絵本はそうやって探したら良いか?

小学校受験に役に立つものシリーズ⑨ 志望校理解のために必要な書籍

小学校受験が終わったら楽しむもの 息抜き編⑦ 桃太郎電鉄

今回は、冒頭にお詫び申し上げますが、小学校受験には役に立たないというよりは、ためにはなるのですが、テレビゲームなので、小学校受験が終わった後に家族で楽しむべきものとして、桃太郎電鉄について書いていきたいと思います。

 

テレビゲームをする人

 

親世代の方は子供時代から聞き覚えがあると思いますが、桃太郎電鉄はハドソン社(現在はコナミが吸収)が販売している歴史の長いゲームソフトで、初代は1988年にファミリーコンピューターで発売されました。それ以来少し販売が止まっていた時期もあるようですが、様々なシリーズが出ています。

その中で我が家が最近楽しんでいるものが、Nintendo Switch向けソフトの「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!」というものです。コロナ禍での巣ごもり需要もあるようで、すでに販売数が250万本を超える大ヒット商品になっているようです。

 

桃太郎電鉄は、プレイヤー一人ひとりが鉄道会社を運営する、という建付けで、すごろくをベースに、日本各地を旅をして、各都市の不動産や店舗、施設などを買っていき、自社を発展させていき、一番大きな会社を目指すというゲームです。

 

子供にとってためになるという点としては、まず何よりも全国各地を旅して遊ぶことで、都道府県名や各地域での特産品、地理の特徴などがすんなり頭に入ってくることです。時々地理クイズや歴史上に人物なども出てくるので、それも勉強になります。

それに加えて、都市の名前やゲームで使うカード名などにフリガナがついていないのですが、そういった漢字を親が隣にいて教えることで自然に読めるようになっていきます。

 

あと、もう一つ重要と思っている点が、このゲームは経済の仕組みを非常にうまく反映している点です。桃太郎電鉄では、お金を貯めて物件を買っていきますが、その物件が毎年収益を生み、その収益から更に新しい物件やその他カードなどを購入できる、という仕組みになっており、まさに資本市場での経済活動を反映しているゲームと言えます。

 

少し固いことを書いてきましたが、中々コロナ禍で旅行などがし辛い中で、家族で桃太郎電鉄をすることは旅行気分も味わえて、和気あいあいと楽しめるゲームなので、ゲーム禁止のご家庭でなければ、是非小学校受験が終わったら、家族で楽しむことをオススメします。(我が家は負けず嫌いが多いので異様な盛り上がりをしますが。。)

ゲームを通じて色々な地域の特産品やお店など知ることが出来ますので、次のステップとしてには実際に家族でその地域を旅行で訪れてみると、実体験をもって日本の地理が学べるかと思います。

 

【関連記事】

もしよろしければ以下の関連記事も併せてご覧頂ければと思います。

小学校受験に役に立つものシリーズ⑧ 地球儀

小学校受験勉強の息抜きシリーズ⑤ マンガ

共働き家庭学習の我が家のプロフィール

 

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~

桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番! ~

  • 発売日: 2020/11/19
  • メディア: Video Game
 

 

 

 

コロナ禍の都内国立小学校の抽選確率に思うこと

以前に都内国立小学校の抽選について記事を書きましたが、コロナ禍の2021年度(2020年秋実施)の国立小学校の試験ではほとんどの学校で1次抽選の通過確率が低下しました。(国立小学校の1次抽選に関する記事はこちら

今回はそのような抽選確率が下がった状態について私見ですが、思うことをつらつらと書いていきたいと思います。

 

抽選

 

具体的に言うと、特に抽選が厳しくなった学校は筑波大学附属小学校お茶の水女子大学附属小学校東京学芸大学附属竹早小学校、の茗荷谷3校ですが、

これは勿論コロナ禍において、子供が受ける2次試験について、可能な限り受験者数を減らし密な状態を避けて、感染リスクを減らした状態で試験をするためのやむを得ない処置だったかと思います。

ただし、この結果、上記茗荷谷3校については過去と比較して、実際に受験出来た子供が半分程度になっていることは事実です。

 

こうなってくるとそもそも国立小学校の本試験(ここでは子供が受ける2次試験を指します)を受けられること自体が運の要素が大きい、ということになり、特に国立小学校をメインに受験を考えている家庭にとって、そもそも時間を掛けて受験準備をしていても、受験できない可能性が高いのであれば、勉強するモチベーション・意義が持てなくなってしまいます。

 

首都圏の国立小学校の受験者は、年間13,000~14,000人とも言われ、これは首都圏に住む子供の7人~8人に1人が志願する計算となり、もちろん全く勉強しない記念受験者もいるとは思いますが、この志願者の内の一定人数が幼児期に国立小学校受験に向けて相応の勉強をするだけでも(仮に国立小学校に入らずに公立小学校に入学するとしても)、首都圏に在住する幼児への教育効果としては意義があるのではないかと思っております。

 

 よって、今後のコロナウイルスの状況次第だとは思われますが、今後は、国立小学校の1次抽選の通過確率が少なくとも元の状態程度に戻り、多くの子供が国立小学校受験を一つの目標として学習習慣をつけた上で小学校に入学していくような状況になってほしいと思います。そうすることで、単に国立小学校のためだけではなくて、広く公立を含めた子供の就学前の学習準備としても好影響があるのではないかと思っており、切に多くの子供に受験の機会を与える仕組みとなってほしいと考えております。

 

また、少し話が逸れますが、国立小学校はそもそも公平に子供を選抜する必要があるので、極論抽選だけで決めればいいのではないか、という議論もあるようですが、個人的にはそれは違うのではないかと思っております。

まず、国立小学校はあるべき教育に関する研究を行う機関である以上、研究成果を出すためには、入学する子供は誰でも良いということではなく、研究の対象(というと表現が良くないですが)として相応しい子供を選抜する必要があり、それには一定の基礎的な学力あるいはその素養があり、かつ心身ともに検討で、受け答えがしっかりできる子、ということは求められる要件かと思います。

よって、私立小学校ほどではないにしても、国立小学校受験のために一定の学習習慣をつけて基礎的な能力を身に着けた子供を選抜することは理に適っているかと思います。

 

勝手な雑感をつらつら書いてしまいましたが、来年度以降もたくさんの子供が国立小学校受験にチャレンジ出来ることを願っています。

 

【関連記事】

国立小学校受験の3次・最終抽選について

国立小学校受験の合計抽選通過率について

国立小学校受験の実質試験倍率について

こぐま会ひとりでとっくん 個別冊子編② 図形

今回は前回こぐま会のひとりでとっくんの個別冊子の「常識」分野について記事を書きましたが(そちらの「常識」分野の記事はこちら)、今回は個別冊子の「図形」関連について書いていきたいと思います。

 

「図形」関連の勉強は、国立小学校の受験においては、波大学附属小学校において頻出の領域であり、筑波大学附属小学校合格に向けては、この領域をマスターすることが重要となります。

 

我が家が「図形」分野対策として、実際に購入したひとりでとっくんの冊子は以下となります。

・39 線対称

・47 重ね図形

・51 重ね点図形

・52 回転図形

・89 回転位置移動

・96 図形分割2

・98 図形構成

 

39番の「線対称」は折ってある折り紙を開くとどうなるか、という問題を基礎として、発展問題としてマス目上に線対称となる位置に印を書く、といったものがあります。特に4つ折りの折り紙などについては、実際に折り紙を使ってどの隅に切れ目があると、開いたときにどの位置に該当するか、ということを学んでいくと理解が早いかと思います。

 

47番の「重ね図形」と、51番の「重ね点図形」は、基礎的なものとしては別々の紙に描かれた図形を上下そのまま重ねるものです。発展問題として、半分のところで上下や左右に折って重ねる方法もあり、その場合は上記の線対称的な要素も入ってくるため、応用問題になるといえます。

 

52番の「回転図形」は、ある絵柄が回転した場合にどのような形になるか答えるものです。89番の「回転位置移動」がその発展形であり、マス目の中に色々な形が描かれた形全体が回転した場合に、マス目の中にある形がどの位置になるかを推察する問題です。筑波などで問われるのはこの回転位置移動ですが、子供にとって視点を変えて位置を特定する作業は難しいため、まずは基礎的な回転図形を学んだうえで取り組む方が良いかと思います。

 

96番の「図形分割2」(図形分割1は簡単そうだったので購入しませんでした)、と98番の「図形構成」は表裏セットのもので、図形分割では、分割線を描いたり、図形を分割した時に出る形を選ぶ、などを学びます。一方図形構成では、どのパーツとどのパーツがくっつくと一つの図形になるか、を学びます。どちらかというと図形構成の方が問題としては簡単かとは思いますが、図形分割とセットで学ぶことで学習が進むかと思います。

 

筑波大学附属小学校を目指す方で、もし図形に苦手な分野があるようでしたら、このひとりでとっくんの特定分野の冊子を活用して、基礎からマスターしていくことをオススメします。

 

【関連記事】

併せて関連する以下の記事もよろしければご覧ください。

小学校受験に役に立つものシリーズ① こぐま会ひとりでとっくん

小学校受験に役に立つものシリーズ⑪ こぐま会ひとりでとっくんアプリ

こぐま会ひとりでとっくん 個別冊子編① 常識

 

ひとりでとっくん39 線対称

ひとりでとっくん39 線対称

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん47 重ね図形

ひとりでとっくん47 重ね図形

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん51 重ね点図形

ひとりでとっくん51 重ね点図形

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん52 回転図形

ひとりでとっくん52 回転図形

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん89 回転位置移動

ひとりでとっくん89 回転位置移動

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん96 図形分割2

ひとりでとっくん96 図形分割2

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

ひとりでとっくん98 図形構成

ひとりでとっくん98 図形構成

  • 作者:こぐま会
  • 発売日: 2017/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

国立小学校受験当日の移動について

以前は国立小学校受験の受験当日について持ち物リストについての記事を書きましたので、今回は「移動」などについて書いていきたいと思います。

 

電車

 

まず、受験当日に荷物の準備などでバタバタしないように、予め前日までに荷物の準備は当然のことながら、当日の移動スケジュールなどもしっかりと確認しておく必要があります。(当日持っていくものリストに関する記事はこちらをご覧ください

 

次に、最重要な試験時間の確認ですが、これは学校から配布される書類で改めて受験番号と照らして集合時間などを確認します。そのうえで、公共交通機関で行く場合には、電車やバスの時間をかなり余裕をもって調べておくことが大事です。男女で試験時間が違いますし、受験番号によって受験する時間は異なりますので、間違いがないように受験番号と照らし合わせた上で、時間を確認してください。

 

国立小学校は時間に厳しく1分でも遅れてしまうと受付は終了してしまい受け付けてもらえませんので、公共交通機関が遅れることもありますし、子供が行く途中でトイレに行きたくなったりすることもあると思いますので、早め早めを心がける方が良いかと思います。

 

また、特に学芸大系を同じ日に2校併願で受験する場合には、特に2校の試験の間の時間がどれくらいあるか、を把握したうえで、自宅に一度帰ることはできるのか、昼食はどこでとるのか、などちゃんと決めた上で計画しておく必要があります。我が家は子供のモチベーションがあがる食事を既に決めて準備していました。

ちなみに余談ですが、口頭試問で今日朝ご飯は何を食べましたか、お昼ご飯は何を食べましたか、という質問は定番の質問となりますので、朝食や昼食に食べるものは子供が答えやすい、分かりやすい料理にしておく方が良いかと思います。

 

試験の所要時間は当日の進行によって異なりますが、目安として募集要項に記載してある所要時間よりは大体早めに終了することが多かった印象ですが、念のため時間には余裕をもって移動時間を確保しておくと良いかと思います。

 

【関連記事】

もしよろしければ関連する以下の記事もご覧ください。

小学校受験本番直前の最終確認事項リスト①

小学校受験本番直前の最終確認事項リスト②

小学校受験 試験当日の持ち物について