共働き家庭学習で東京都内の国立小学校受験ブログ

両親共働きで家庭学習による保育園児の子供2人の東京都内の国立大学附属小学校受験の記録です。計5校の最終抽選を経験するという貴重な体験を踏まえ、家庭での勉強方法や役に立ったもの、国立小学校の特徴などを今後受験を検討される方のために書いていきたいと思っています。

国立小学校の学費は本当に安い?

「国立小学校の学費」は安いと言われますが、具体的にどの程度なのかについて書いていきます。

 

お金

 

私立小学校はおおよそ80~100万円(初年度はそれに加えて入学金などで数十万円プラスで、加えて諸々の諸費用)と言われますが、それに対して国立小学校は公立小学校と同じで教育費が掛からないので、と言われることがありますが、それは必ずしも真実ではありません。

昨今は国立小学校運営に関する予算も削減されており、保護者からの資金援助なしでは十分な施設の更新などができなくなっているというのが実情です。

 

各国立小学校とも授業料そのものは無料でも、後援会やPTAがあり、基本的に加入前提ですのでその費用と、学校指定の制服、体操服やランドセルなどの費用、寄付金等もあります。また、遠方から通う場合は通学定期代なども掛かります(加えて国立小学校は親の参加機会も多いため、親が学校に行くための交通費も掛かります)。その他、遠方通学のための携帯あるいはGPS機能のある機器の費用も必要になってきます。また、共働きを前提とすると学童保育のコストも掛かってきます。

まとめると、学校によって幅はあるとは思いますが、初年度40~50万円程度、2年目以降も20万円程度は掛かるのではないかと思われます。

 

そう考えると、私立小学校よりはかなり安いですが、公立小学校の学費よりは掛かることが分かるかと思います。金額が安いというだけで国立小学校を志望することはないかと思いますが、実際の国立小学校の運営は後援会の資金も含めて運営されていることから、思った以上には費用が掛かることは理解しておいた方がいいかと思います。

 

また、もう一点忘れてはいけない点が、詳細は別途の機会に書きたいと思いますが、各国立小学校とも附属中学校がありますが、全員が中学校に進学できるわけではありません。各校によって進学率は異なりますが、一定の割合は中学校に進学できないという状況下で、内部での進学競争があるため、通塾する子供の割合はかなり多く塾の費用も掛かります。

よって、公立小学校⇒公立中学校という家庭と比較すると、国立小学校で中学校受験をせずに附属の国立中学校に進学できたとしても、費用が掛かることは覚悟しないといけないと思います。